見出し画像

アメリカ独立宣言を読んで自明に泣きそうになった。

アメリカ独立宣言。難しい事は一切書かれていない。

人間としてどうあるべきか

という、極めて根本的な「人として」の生き方が全て言語化されている。

ということで、今回は「アメリカ独立宣言」について書いていきます。

が、完璧な解釈ではない、ということはご了承を。あくまで私個人が感じたことを述べていきます。

論より証拠、私がすっっっっごく感動した文章を引用しましょう。

We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights, that among these are Life, Liberty and the pursuit of Happiness.

The Declaration of Independence http://www.ushistory.org/declaration/document/
より

政治や歴史に詳しい方は、一度なら見たことがある文章でしょう。

ここには、「すべての人間が人間らしい生活を送る」という、極めて根本的なメッセージが載せられている。

ある授業でこの引用部分を読んだのですが、あまりの素晴らしさに、感動してしまいました。日本語で読むと、ニュアンスが変わってしまう。なので、改めて「原文」で読むことで、この文章の素晴らしさ、表現の巧みさがわかった。

自明(self evident)であり、創造主(creator)=神 によって授けられる(endowed)権利。このendowという動詞は、giveだとだめです。ニュアンス崩壊。というのも、endowには「神」が与えるという、暗黙の了解が込められているからです。特別なことば。「添付」ではなく「天賦」の才能といいますが、まさに「天賦」というのが、endowedの意味。

【感動的な表現】

all men are created equal

「all men」すべての人々は、生まれながらにして平等。

そりゃそうだ。

はっきりいってくれてありがとう。

そうだよね。

ですが、独立宣言が発表されたあとも、女性や黒人、ネイティブアメリカンなどへの差別がなくならなかったのを鑑みると、当初は「all men」が含まれていたかどうかは微妙です。いまでも、ドナルド・トランプが移民を排除したりなど、「all men」の理念が実現されてるのかは微妙なところ。あと、menという言い方が、いまだと時代遅れに見られそう。性別偏ってるので。

この独立宣言の理念を、現代においても、追い求め続けてるアメリカの姿を見ると

アメリカは未だに、そのあり方を模索し続けており、独立宣言のことばが「今に生きている」のだなぁ、と感じます。

they are endowed by their Creator with certain unalienable Rights

all menをtheyで受けています。 

endowed by their "Creator" with certain unalienable Rights.  

endow A with B で AにBを授ける という意味です。 

ここで気づいたのですが、Creator と Rights が大文字なんですね。大文字で始まるということは、なにか「特別な」ニュアンスが込められている、というサインです。 godとGodはまるでちがう。

Creator=すべてを授けてくださった神

Rights=単なる政治的権利だけでなく、「人間として」生きる上で欠かせない要素を、当然のこととして要求していくもの。

しかもそれは"unalienable"何によっても邪魔されないもの。

私はこのように解釈しました。

「人として」の生き方を追求していくのは、

当然だよね。

これは、現代に生きる我々にも響きそう。まずは「人間らしく生きる」ことが何より重要。そんなシンプルかつ根本的なメッセージを、独立宣言から受け取りました。泣けるやん。素敵やん。最高やん。(CV.ぬか漬けパリピマン)

【まとめ】

アメリカ独立宣言は、

世界一熱意に満ち溢れた、世界一泣ける文章。

だということを、ぜひ覚えていてもらいたいです。

アメリカ独立宣言の完成度は凄まじいです。わざわざ愛する母国イングランドを抜け出し、危険な旅を続けて、危険な土地にツッコミ、全く知らない土地を開拓していく。 そんなやばいことができるなら、そりゃあ、その人間たちが書いた文章はすげえよな。そんなことを、アメリカ独立宣言の原文を見てみて、おもいました。

缶チューハイ飲んでよっぱらってる中書いた記事なので、構成とか論理がめちゃくちゃなのはお許しください!ボルガ博士!うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

アメリカ独立宣言は、泣ける。

これだけは覚えていてほしい。

美川

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ypaaaaa!
8
二十歳の学生。英語学専攻。書評や、英語関連の記事、日々気になることなどをNoteに書き連ねています。 【好きなもの】音圧がすごいテクノ、男の娘、シンプルな本。 Twitter→https://twitter.com/VTuberCommunism?s=09

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。