気づけば十年目、心は復興しているだろうか。
見出し画像

気づけば十年目、心は復興しているだろうか。

忘れもしない、3月11日午後2時46分
震度7、マグニチュード9、東日本大震災。

当時、わたしは、自宅療養中で、昼ごはんの支度をしていた。
親子丼を作り終えて、火を消した直後、微かな揺れから始まった。

それが、大きな揺れに変わってゆくとき、気づけば、家の外の塀にしがみつき、自分の家が、右へ左へ揺れているのを、眺めていた。

あ、倒れたら、死ぬな、と思い、隣家を見ると、
同じように、外へ飛び出してきた人が、空を眺めていた。
私たちは、目を合わせて、ぺこり、とした。

電線は、たゆみ、烏は一斉に飛びたっていった。
その日は、やけに青く晴れ渡った空であった。

揺れは、徐々におさまり、わたしは、室内へ戻った。
家具もみな、無事だった。
余震の揺れが止まないなか、どうしたら良いかわからず、足を引きずりながら、財布と携帯を持って、近くのスーパーへ行った。

この続きをみるには

この続き: 779文字

気づけば十年目、心は復興しているだろうか。

当麻 あい

100円

この記事が参加している募集

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
当麻 あい

サポートいただいた、お金はクリエイター費用として、使用させていただきます。 いつも、ありがとうございます。

好きな動物は猫です!
文化全般と自然を愛す。 イラスト、漫画、小説、etc。オールラウンダー。うつ/ASD/ADHDのグレーゾーン。基本、有料も投げ銭制度。 十代に新風舎(倒産)で優秀賞取得。角川、群像等で、最終選考。お仕事依頼待ってます。