期間限定開催【泊まれる書道展 ~あっぷさいくる~】
見出し画像

期間限定開催【泊まれる書道展 ~あっぷさいくる~】

iroha Magazine

皆様、こんにちは!
「株式会社いろは」の民泊事業、京都分散型民泊 Kamon Inn(カモンイン)で番頭を務めている”ぬまっち”です。

沼田2


この度、6/1(火)~6/30(水)までの1ヶ月間、京都 分散型民泊 Kamon Inn(カモンイン)の2つのお宿を使い、「泊まれる書道展~あっぷさいくる~」を開催することが決定しましたので、本日はそのお知らせとなります!

画像6


はじめに

今回、この期間限定の書道展に協力してくださる書道家さんは、これまでも一緒にイベントの企画などをお手伝い頂いた京都在住の「野間 志保さん」です。
お仕事以外でも仲良くさせていただいている書道家さんで、僕自身、野間志保さんの作品が展示されている書道展に何度かお伺いをしており、僕たちが運営している宿泊施設でも何か一緒に企画をできたらなと思い、お声がけさせて頂きました。


書道家さんのご紹介

画像2

*Profile*
追い風書道家
野間志保(Noma Shiho)/京都

結婚出産後、仕事と家庭の両立ができず自分を見失う中、2015年ふたば書道会武田双鳳先生に出会い、書を通じて感じる人の心の豊かさに気づき生きがいを取り戻す。
現在は双鳳先生のアシスタントとして修行を積みながら、元気・やる気・本気をモットーにオンラインでも元気なパフォーマンスを披露。

・スポニチ×livedoor NEWS王将リーグ特集タイトル「戦国」
・カレーのお店「夢を叶える」看板
・屋台ラーメン「予祝屋台」看板
・その他実績…チラシタイトル、ロゴ、企業理念など多数

🔻ホームページはこちら


【泊まれる書道展 ~あっぷさいくる~】概要

泊まれる書道展1

①開催期間:6/1(火)~6/30(水)
※開催期間により作品展示のあるお宿が異なりますのでご注意ください。詳細は次の②をご覧ください。

②作品展示のあるお宿
前半:6/1(火)~6/15(火)まで、Kamon Inn Toji(カモンイン東寺)で開催
後半:6/16(水)~6/30(水)まで、Kamon Inn Inari(カモンイン稲荷)で開催

③ご予約及び注意事項について
今回の書道展は、上記期間中、お宿へ宿泊されるお客様限定となります。作品を見るためだけの入室等はできませんのでご了承ください。

🔻Kamon Inn Toji(カモンイン東寺)のご予約はこちら(京町家の1棟貸切宿/最大5名宿泊可)

🔻Kamon Inn Inari(カモンイン稲荷)のご予約はこちら(京町家の1棟貸切宿/最大8名宿泊可)


④「あっぷさいくる」(アップサイクル/Upcycling)について
今回の書道展は、書道家 野間志保さんの作品展示だけでなく、”アップサイクル”という要素を取り入れています。

「アップサイクル」とは、サスティナブル(持続可能)なものづくりの新たな方法論のひとつである。
従来から行なわれてきたリサイクル(再循環)とは異なり、単なる素材の原料化、その再利用ではなく、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すことを、最終的な目的とする。
換言すると、リサイクルによる製品のアップグレード、としてよいだろう。
アップサイクルの領域では、一般ユーザーにも目に見えるかたちでの「デザイン」(色や形)が重要な役割を果たし、とりわけファッションと生活雑貨の領域では、大きな成功を収める事例が増えてきた。
その嚆矢のひとつであるスイスのブランド「フライターグ」は、トラックの幌布、自動車のシートベルト、自転車のチューブなどを用いた、実用的でデザイン性が高いバッグで、世界的に知られている。
軍用の布製品や、さまざまな理由でお蔵入りとなった古い素材を、若者向けのカジュアル服飾品として蘇らせた、フィンランドのブランド「グローブホープ」の場合、それぞれの素材の由来、アップサイクルのあり方をタグに記すことで、ユーザーに対する「身近なサスティナブル・デザイン」の意識覚醒も進める。

このように、
・サスティナブルなものづくりの新たな方法、手法。
・不要なモノ(使わない/捨てようとしていた)に新たなデザインやアイデアなどを付加することで、価値を生み出す。
というソーシャルグッドな領域にも踏み出し、
「ヒト」、「モノ」、「場所」の融合により、新たな空間と体験を感じていただけたらなと思っています。

泊まれる書道展開催中にご宿泊されるお客様には、野間志保さんの書によりアップサイクルした、以下の品々をお持ち帰りいただけるよう準備致しますのでお楽しみに!

不要となってしまった
・ロスフラワー、空き箱、日本酒木桝、本
などをアップサイクルして、お持ち帰りいただけるよう、お宿に準備
します。
※Kamon Inn Toji、Kamon Inn Inariにご宿泊いただく方へ無料プレゼント。(お宿に準備しますのでご自由にお持ち帰り下さい。)

また、今回の書道展開催にあたり、ロスフラワーのご協力を頂ける”Jcotton様”ありがとうございます。

協賛:Jcotton様(廃棄花提供)


さいごに

今回、期間限定とはなりますが、私たちKamon Inn、そして書道家 野間志保さんにとっても新しい取り組みへのチャレンジとなります。
京町家の貸切り宿で、書と触れ合う贅沢な時間を過ごしていただけたら嬉しいです。

引き続き、Kamon Innは感染対策を徹底し、お客様が安心して京都に足を運んでいただけるよう、運営して参ります。
スタッフ一同、京都へのご旅行、Kamon Innのご利用、心よりお待ちしております。


🔻Kamon Inn 稲荷での展示の様子はこちらからご覧ください。


🔻Kamon Inn 公式HPはこちら


スクリーンショット 2021-02-19 19.03.13

スクリーンショット 2021-02-19 19.03.27


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
iroha Magazine

サポートも嬉しいです、サポートしたいと思ってもらえたらシェアしていただけるともっと嬉しいです;)

スキになってくれたら、シェアもお願い致します♫
iroha Magazine
「ひとの初歩を応援するプラットフォームになる。」をミッションに、場の提供を通じて、共創による価値創造を目指す株式会社いろはのマガジンです。私たちの取り組みやお役立ち情報、日々の変化などを、体温が感じられる文章でお届けします。https://iroha-house.com/