見出し画像

39歳独身OLの辛い話

先日、39歳独身OLの話を聞いた

金持ちの一人娘に生まれて

お金に困ったことはなかったけど


親の過剰な愛のため

結婚が出来ないのだそう

今までに何人も紹介したけど

全部却下

母親とは流血沙汰の殴り合いも、しばしばしたけど

最終的には土下座までされて


「お願いだから私達の望む相手と結婚してくれ。どこの馬の骨ともわからん奴と結婚するくらいなら、いつまでも可愛い娘で側にいてくれ」と


そして、もう39歳

私はもう結婚できない

親のための人生なんだ


仕事に生きようにも、日本の会社なんて男尊女卑

女なんて所詮、出世なんて出来ない

私は不幸だ

と、嘆いていました

親がモンスターだと子は可哀想ですね


でも、被害者ぶっても何の解決にもならんし、自分じゃどうしようもないものに原因を置いても、人生変わらないよ


別にその気になれば家を出ることも出来るし

女性でもバリバリ社長してる人、いくらでもおるやん


確かに悲惨な環境だし、僕が知った風な口を利く権利はないかもしらんけど

ここで僕が尊敬している故ネルソン・マンデラ氏の話を紹介しようと思う


彼は南アフリカというイギリスの植民地で

ムチャクチャな黒人差別を受け


挙句、終身刑を言い渡され投獄される

獄中では、毎日、ありえない環境での重労働を課せられ

身体も壊したが

それでも、彼は学ぶことを諦めず

南アフリカ大学の通信制で法学士号まで取得する


彼が投獄されていた年月は、実に27年


ついに釈放された彼は、その後、南アフリカの大統領になります


今まで、散々白人に苦しめられてきた黒人達は、当然狂喜するわけです


これで白人たちにやり返せると

しかし、彼は絶対にそれをさせなかった

黒人と白人の融和を呼びかけ続け

率先垂範して、命を懸けて白人との信頼関係構築に努めた

最悪の事態を免れ、今の南アフリカがあるのは彼のおかげなのです


どうしたら27年もの歳月、自分を投獄した相手を許せるのだろうか

そんな彼が、何の希望もない、先の見えない獄中生活で胸に秘めていた言葉


I am the master of my fate, I am the captain of my soul.

私が我が運命の支配者。私が我が魂の指揮官なのだ。


これでも、まだあなたに言い訳はありますか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、こんな僕を育ててくれた母ちゃんに還元したいと思います。

引き続き、何かしら発信します!
33
中東担当→インド担当のサラリーマン。現地に行って見て触れて得た情報をコミカルに伝えていければと思ってます。インド素人ですが、これからどんどん発信していきます。ツイッター:https://mobile.twitter.com/TKTKfactory

コメント7件

つぶまるさん:ありがとうございます😊この記事が少しでもお役に立てたなら良かったです!!僕もなんだかんだついつい弱音を吐いてしまうので、この言葉を思い出すようにしてます!
いつろーさん:ありがとうございます!😁過去や環境に縛られないというのは、一方で本当に心を強く保たないと出来ないことだなとも思います。でも、常に何かを足していける人生にしたいです!!
おさむんさん:ありがとうございます😊ホントおっしゃる通りで、自分の弱さを認めることは、かなりキツイことだと思います。でも、それを認めて初めて強くなれるんだと思って、これからも頑張ります!
私の周囲にもガッチリ、親(特に母。)の呪いに雁字搦の女性が何人もいます。私は結婚すごーく遅かったけど、自分の好きなように生きてきて巡り遭えたから本当にラッキー。
亭主の口癖は「オレの人生でオレが一番偉いからオレの好きなように生きる」です(笑)マンデラ大統領の言葉はきっと知らないだろうけど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。