見出し画像

法務の技法 #35

今日のキーワード:
【ストーリー探し】
実際に起こった過去のできごとについて、
単に外形的にその経緯をなぞるだけでなく、
そこに関与していた者の心情や、
そこでの判断の背景事情などについて、
できるだけリアルで納得できるストーリーを探す作業。
認識の共有にも使えるツール。

【解説】
最初に用法注意です。
口裏あわせではありません。
悪いことを隠すのでもありません。

本当のことをしっかりと把握するためです。
このとき、
どうしてこんなことしちゃったのだろうか。
本当に、
お金のことに目がくらんだ、
そんな単純な動機だろうか。

再現ビデオのように、
皆が納得できるストーリーを探しましょう。
神は細部に宿るのです。

※ 法務の観点から、ビジネスのヒントをお話しします。
「法務の技法」「国際法務の技法」「法務の技法 OJT編」の中から、
毎回、1つのトピックの「超要約版」をご紹介します。
本日は、「法務の技法」1-18の超要約版です。


この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても嬉しいです!
5
弁護士法人キャストグローバルのパートナー。日米の弁護士、証券アナリスト。約20年の社内弁護士(日米欧企業)経験。内部統制と労働紛争。東洋経済「依頼したい弁護士」25人。司法試験考査委員(労働法)。 ご相談は、ashihara@cast-law.comまで。

こちらでもピックアップされています

法務の技法
法務の技法
  • 84本

法務の技法(第2版)の内容を、ビジネス向けに超要約版に仕立て直しました。 週末に、原稿をあげる予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。