見出し画像

専横と横暴が正義となってまかり通るんだ

前回までのあらすじ

一瞬、声を呑み戸惑った。
新規で記事を書き起こすと、こんな時間(午後11時29分)なもので、
ホロリとするメッセージが飛び込んでくるんだ。
やっぱりnoteって優しい。第三舞台のお芝居じゃないけれど『やさしさコンクール』が始められるぐらい、優しいよ!!!!!

注力しているもの

最近『LINEノベル』での執筆に注力している。書きやすさもある(人によると何じゃこりゃ書きにくいわふざけんな、という意見が多いようだけど。理由はふたつ。シームレスじゃない点と、辞書変換があやふやな点……ってシームレス化は座して待つしかないが、辞書は自分で構築するか、ATOKなりサブスクで購入しなさい。)けれど開始当初はレスポンスも良く、より一層はかどるものがあった。(たとえレスポンスがなかったとしてもそれはそれで、黙々と続けただろう。先を見据えた目的があったからだ)

発見や出会いが多いと、それまで書き上がっていた作品に多大な変化を及ぼしたくなる。ギリギリまで「いや待て。こうしてやれば、より一層……」と自分の予想も付かない結末が待っているよなあ、と更新の日々を楽しんでいる。

一番ビックリさせたいのは何より自分自身だ。「ぽかん」と呆気に取られた顔が見たい。「そこまでやるか!?」なんてね。手前みそなことはこのくらいでいいかな。最後まで読んでもらってから(途中退席もあるかもだけど)感想・批評・批判、何でもどうぞ。

はたしてこれは盛り上がっているのか?

さてここからが本題。ずばり『LINEノベル』は盛り上がっているのだろうか? 

先行者たる『小説家になろう』『エブリスタ』『カクヨム』などに比べ、『LINEノベル』のスタートダッシュは成功と言えるものか?

ひと月近く経って言えることは『いやあ……厳しいかな……』と。
もちろん修正なんていくらでも利く。むしろ修正・改変があってなんぼのものだし、読書としてかなり融通の利くアプリなので(以前は読書アプリ、執筆としても重宝していた『エブリスタ』を主軸においていたけれど残念なことに改悪化とともに少しずつフェードアウト中……システムダウンとことば狩りがあっては、やはり作り手としておちおち身を委ねることが出来ない……)もう少しのところを期待したいかな。

賞があるから、といってにわかに仕立て上げたのもあるかも知れないけれど問題はその先かな。(そう思うよね?)
賞という『フェス』が終わり、プラットホームには誰もいない、無人駅と化した。そこをプラプラ〜っと歩く旅人にでもなりきってひとり読書してレビューをおいてくのも面白いけれどね(ぶらり無人読書の旅……って日曜朝10時の番組じゃあるまいし)

ちょうど今の時期だとアレだな、『10万円でできるかな?』みたいなノリで10万人で始める、300万円争奪戦、頑張ってる人とか、ハーゲンダッツ争奪戦とか、Amazonギフト券争奪戦とか、頑張っているのかも……っていったい読書って何なんだ?(全部テレ朝的ノリ)

実際問題、オレオって響きよりも、僕はノアール派かな? 最近はブラックサンダーが一番好きですが。

このまま終わってしまうのも嫌なので、特に好んで読んでいる作品をいくつか並べて置きます。アプリダウンロードして、登録してね、というのが難点だけど。(ぶっちゃけあの作品をnoteに移行したら、どういうレスポンスが返ってくるものか、気にはなる。)

「しずくさんの噺をしよう」#LINEノベル https://novel.line.me/r/general/novel/6913
「ホッパー」#LINEノベル
  https://novel.line.me/r/general/novel/6224
「踊れ、かっぽれ」#LINEノベル https://novel.line.me/r/general/novel/2824

まあ実際問題無料で並んでいるプラットフォームなんてみんなご大層に崇めてるもんじゃないんだ。いかほどかの値段が付いてるものにこそ『何だろうな』という興味が沸いてくるんだ。100円でも200円でもね。

タダ話はこの辺にしておいて、次回は有益な話をします。袋とじ、あるよ。缶コーヒーおごる感覚で。ポンとくれたら色々とお話しします。

余談

では明日も粛々と。朝5時から活動開始です。

コンビニから灰皿がなくなったっていうのがしんどいよね。ポイ捨てタバコとの戦いが始まるよ。(マナー違反は悪いことだけど、極端な締め上げもどうかな、と思うんだ。だからね、見える限りは拾うよ。ポイ捨てをやめるまでは、ずっと。そして、まともに憩えるエリアがひとつふたつくらい残ってくれるように、ちゃんと、ね。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂きありがとうございます。 『スキ』を頂いたりフォロー頂けますとより一層励みます。 ムリはできませんし決してしませんが 人情優先で多少無茶はします。 今後ともよろしくお願いします。

誰も押さないかと思った。
16
小説やらエッセイやら。「人が出来る当たり前」がなかなか叶わない分「人が出来ない、到底思い起こせないこと」を描き書き起こすことが出来る。無いならその分残った手で、眼で、足で、掴めばいい。 (有)13機関 他 Twitter:https://twitter.com/13KID

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。