見出し画像

私と一緒にメイクを研究しよう【はじめてのメイク】

#メイク

こんにちは。アオです。

突然ですが、私と一緒にメイクを研究しませんか。今から。

メイクって難しくないですか?学生時代は、メイクをすれば校則違反なのに、大人になってくるとメイクはマナーとまで言われる。じゃあいつ練習すればいいんだ、って話ですよね。

私は、メイクが趣味ということもあって、中学生の時には休日はメイクしておでかけしていたと思います。でも、まだまだ研究中です。なので、メイク初心者の方、一緒にメイクの研究をしましょう!

メイクは素敵なもの

「メイクに興味ないんだよなあ、面倒そうだし」と感じる人もいると思います。確かに、時間は使うし面倒な日もある。でも、メイクはとっても素敵なものだと私は思っています。

まず、自分に自信がつきます。元々の顔に自信がある人もない人も、メイクをすれば自信をプラスすることができます。メイクが上手にできた日は、「あれ、今日の自分いつもよりいいかも」と少しでも思えるはず。そういう気持ちってとても大切なんです。

さらに、メイクがうまくいくと、人から褒められることも増えます。「今日のメイクいいね」「表情や顔色が良く見えるよ」など、他にもメイク以外の服装や髪型も褒められたりします。やっぱり褒められると誰でも嬉しいですよね。褒められた日のモチベーションは高まること間違いなしです。

すっぴんと顔が違うことは恥ずかしくない

「でも、すっぴんがありのままの自分だし顔が変わるのは恥ずかしい」そんな風に感じる方もいるかもしれません。大丈夫、自分をより良く見せようとしていることは何も恥ずかしくないです。もしも、あなたの友だちがイメチェンして似合っていたとして、「こいつ恥ずかしいやつだなあ」とは思わないですよね?むしろ、「いいじゃん」って思う方が多いはずです。

「詐欺メイク」という言葉がありますよね。大抵は「違う人に見えるくらいメイクがうまい」と、いい意味で使われます。しかし、中にはすっぴんと顔が違うとか騙された気分と捉える人もいます。でも、その捉え方は損だと私は思います。メイク後の顔だって唯一無二のその人の顔なんです。ふたつの顔を使い分けるって凄いことですよね?その素材と技術がなければ真似できません。凄い!

まず揃えたいコスメ

ここまで読んでくれた方には、「メイクを始めたいけどコスメの種類が多すぎて困る」という悩みを持っている方もいると思います。なので、私なりに必要だと思うコスメを紹介したいと思います。

まず、一番初めに買った方がいいと思うものを紹介します。それは、化粧水・乳液・メイク落とし・洗顔料です。

いわゆる、基本のきの部分です。メイクをする前に肌をケアすること、それからメイクをしっかり落とすこと。それをしないと、肌が荒れたりしてしまい、あまり良くないです。なので、コスメという部類なのかはわかりませんが、これらを先に揃えるのが個人的にはおすすめです。

次に揃えた方がいいと思うコスメは、日焼け止め・アイシャドウ・リップです。

日焼け止めは、肌の健康を保つほか、肌をきれいに見せることができます。肌を白く見せたい、という方はもちろん、肌をきれいに見せるトーンアップ効果がついている日焼け止めもあるので、化粧下地としても使うことができます。

アイシャドウは、メイクしてる感を出せるし、目力もついて、やるかやらないかでグッと印象が変わります。

リップは、顔全体の血色感をつけることができます。日焼け止めやアイシャドウより、さらに手を出しやすいという点でも、はじめに揃えるのがおすすめのコスメです。

あった方がいいコスメ

メイクしたい箇所は人によって違います。前述したのは、あくまでもはじめのはじめに揃えた方がいいコスメです。なので、これだけじゃ物足りなそうと感じた方や、まだ余裕がある方におすすめのコスメを紹介したいと思います。

まずは、アイブロウです。これは眉毛に使うコスメです。

眉毛は顔の印象を大きく変えるので、ぜひアイブロウメイクには挑戦して欲しいのですが、とっても難しいです。

それから、種類も多いです。パウダーを使うのか、ペンシルを使うのか、眉マスカラを使うのか、はたまた全部使うのか...などなど、初めてするには難しい要素がたくさんあります。

なので、元々眉毛がしっかりあるという方は、整えるところから始めてみてください。眉毛が薄いという方は、アイブロウパウダーが比較的使いやすいと思うので、おすすめです。

次に、化粧下地です。

日焼け止めの後に塗ると肌がさらに綺麗に見えるし、メイクがやりやすいです。この後、さらにファンデーションやパウダー等を塗る工程がありますが、それらは、もっとメイクに慣れてからでもいいと思います。

最後に、マスカラチークです。マスカラはまつげに、チークは頬に塗るものです。

なぜ、この二つをまとめたかというと、人によっては、メイクに慣れてからもっと後に買ってもいいと思うもの、だからです。

マスカラには、まつげを長く見せたり多く見せたりして、目力をアップする効果があります。

しかし、中には元々まつげが長くて多い人もいます。そういう人は後回しでいいと思います。

マスカラをすると本当に目の印象が変わるので、とってもいいコスメなのですが、塗るのが意外と難しく落とすのも難しいです。なので、まつげが少なかったり短い、という人は練習してみてもいいと思うのですが、難しくてメイクが嫌いになるくらいなら慣れてから買うのがおすすめです。

チークについても理由は同じです。チークは、頬などに塗ることで顔の血色感をアップする効果があります。

しかし、元々頬が赤くなりやすい人や血色がいい人が塗ると塗りすぎ感が出てしまい、調整が意外と難しいです。

なので、血色感がないという人は、くれぐれも塗り過ぎに注意して練習してみるといいと思います。

(チークをあえてしないメイクというのもある、というのも理由です)

コスメの選び方

コスメの選び方についてですが、人それぞれ合うものが違うから私からのおすすめはない、というのが正直なところです。

例えば、化粧水や乳液だったら、乾燥肌なのか、ニキビ肌なのか、混合肌なのか、など〇〇肌におすすめというのがそれぞれのタイプにむけて販売されています。

なので、ネットで人気のものをまず調べてみて、その中で効果や質感が自分に合いそうなものをとりあえず買ってみるというのがおすすめです。

それから、アイシャドウやリップなど色がつくものは、それらの色を合わせて買うと、初心者でも比較的簡単に統一感が出せます。

どの色がいいかというのは、似合う色が人によって違うのでなんとも言えませんが、迷ったら好きな色味でいいと思います。使ってみたいと思える、テンションが上がる色味を買うことも大切だからです。

あとは、コスメを買いに行くときに、コスメに詳しい友人などを連れて行くのもいいと思います。どれが使いやすか、どれが似合いそうか、を教えてくれるはずです。


最後に

長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。誰かの参考になっていたらうれしいです。

最近は、メンズメイクなどもあり、様々なメイクの楽しみ方があってすごく良いなと思います。

私もまだまだメイクの研究中なので、一緒にうまくなりましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!!
17
私の日々とこころとナニカ。アイコンが定まりません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。