見出し画像

A.物を一箇所にまとめる


片付けやコーディネートについて、「物を一箇所にまとめる」は最初に私が伝えたい方法です。   

私は小学生のころ、物を捨てられない母親と一緒に適当なタイミングで家の掃除をしていました。単身赴任の父親が帰ってくる日が決まると、青ざめるのをそこそこに、慌てて片付けを行っていました。

母はとにかく物が多かったです。そして捨てられなかった。何より、片付けが下手でした。子供ながらに母親の片付けのできなさは一目瞭然でした。私は昔から片付けが好きだったから余計にです。子供のためを思って買ってくれた物も沢山あるので責める事はないのですが、大人になった今も母は片付けができません。

母には収集癖があるのです。

母の掃除の方法はこうです。

ゴミ袋を部屋の真ん中に置き、あちこちにある物を要るか要らないか選んでいく。時々思い出に耽りながら。結局いつまでたっても片付かない。捨てるところまで辿りつきません。

単身赴任の父親は半年振りに帰宅した我が家を見るなり、怒りの矛先を子供に向けました。投げ飛ばされて殴られた際に「俺が帰って来るのを分かっていて何故片付けられない」と胸ぐらを掴まれたのをずっと覚えています。

その一部始終があまりに一瞬の出来事、当時小学一年生の私は呆然としていました。家の中で流れていたかもしれませんが、BGMは聞こえなかった。絶望。パチンコ屋に行くと父は家を飛び出したのですが、母は私に目を向ける事なく「追いかけて謝りに行きなさい」と。

こんなの滅茶苦茶だ。私は心底思っていました。

当時小学一年生の私でした。勉強机を叔母に買ってもらったばかりのころ。私は悔し涙を浮かべながら彫刻刀で「ママをパパから守る」と勉強机に彫ったのを今でも覚えています。

勉強机とランドセルは小学一年生の頃に捨てました。シンプルじゃなくて余計だと感じたからです。


そんな経験から私は片付けの考え方を一気に変更しました。

物は片付けられないのではない。既に溢れているのだと。

そう思うようになりました。

物の出し入れでは変わらない。見た目は絶対に変わりますが、部屋の質量は変わらないのです。マトリョーシカみたいに詰め込まれてコンパクトに見えるだけ。無くなったようで、ずっとそこに全部ある。

本当に片付けたいのであれば今ある場所から取り出さないといけない。

そう思った私は片付けの際に、あちこちにある物を一箇所にまとめました。

母はそんな私に怒りましたが、中途半端にコレクションされた物は思い出の具現化であって、必要、不必要の判断ができていない事が多いと思いました。気にせず私は物を寄せ集めました。

ゴミ袋を部屋の真ん中に置いて物を一つ一つジャッジするのではなく、一箇所に集まった物を見る事で物一つ一つの事を見つめ直す事ができ、"空間としてのグループ"が"物質の単体"になり、捨てられなかった物を捨てる事に成功しやすくなります。

我が家はスッキリしました。家族も少し明るくなったような。何をするにも気持ちが良い。情報が多くて疲れていたんだなと。そこまで情報を詰め込める私たちじゃなかったんだなと。

つまるところ、片付けは思い出だと思っています。

買った物のほとんどに記憶が結びついていて、頭の中がいっぱいになってしまう。片付けの際に最も捨てられないには思い出だなと。知らず知らず頭の中がいっぱいになっていると思って取り組んでみると気が楽になるかもしれません。


コーディネートした部屋を崩すのには勇気が必要です。

好きで組み立てたのですから。自分を否定されたように思う事もあるでしょうし、元には戻せないのが怖いと思うかも。

だけど片付けにはその見えない膜のようなものを破る必要があると私は考えています。現状維持バイアスみたいなものかなと。

物は動かしていいです。元々部屋は空っぽだったはずです。

そこに詰め込んで「邪魔だな」とか「あれどこにあるんだっけ」と思っているだけなので、住み始めた最初の頃の情報量、精神状態を思い返せば良いかなと思います。

空間はシンプルが良い。ってわけではありません。

情報は簡潔に。精神をノーマルに。というイメージが良いです。

毎日色々とある人生、中々変えられないものばかりだなと私は思うのですが、部屋を片付けるって今すぐできるし、意外と変化を感じる事があります。

その変化は部屋の見た目じゃなくても良い。

気持ちの変化が少しでも見えたら、それについて究明すると良いのかも。

要らなくなった洋服とか、必要だと思った家具とか。

捨てることばかりが目的じゃないことを最初に理解して取り組むと良いです。欲しい物を探すため。

退屈な日々や、新しい事を始めたい時、片付けは役に立ちます。

自分のやる気、思考を構築する、自分だけの一つだなと思います。

今すぐ片付けを始めなくて良いです。

物を一箇所に集めてみましょう。

毎日少しずつ物を寄せ集め、気持ちの変化を感じてもらえれば嬉しいです。

---------------------------------------------------------

Twitter / https://twitter.com/1231ot

Instagram / https://www.instagram.com/ot_1231/

Pinterest / https://www.pinterest.jp/1231ot7

HP / https://www.ot1231.com

公式LINE / https://lin.ee/fbvgR4Y

ROOM / https://room.rakuten.co.jp/room_62f0c39f00/items

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
24
12/31のテーマは「最後の日がいつも通りでありますように」暮らしに纏わる情報を発信するライフスタイルメディアです。 HP / https://www.ot1231.com / ご連絡は1231ot7@gmail.com

こちらでもピックアップされています

インテリア(最後の日がいつも通りでありますように)
インテリア(最後の日がいつも通りでありますように)
  • 2本

まとめてマガジンに公開したり、本にして自己満足したいなと思っていましたが、進まないので私のインテリアや暮らしを単体で公開していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。