見出し画像

ぼくの中の、うるさい銅鑼の音

闇の中から声が聞こえることがある。

それは小学校からの親友で、大学まで同じで先を越された友人である。

大人になって、そいつは「親友だろ」といいながら、いい加減にしか話しを聞かなく、「親友」と書いたが、小学校の時いじめられていたのをなぜかふと思い出した。

闇の中から聞こえるとき、大学を持病で中退したぼくに、無責任に彼は「なにやってんだよ」「バカなんじゃない?」と言ってくる。

小学校の時と同じだ。小学校の時は、あっちが一応友達と思っていたので、「おまえならできるだろ」なども決まり文句だった。

いつも集団を先導して、集合の約束を破り、僕を一人にした。

探し回って泣いていると、「泣いてるw」「男だろ!!」と言いながら現れる。そいつの親が知ったときはしこたま叱られたらしい。

そいつにはいろんな友達と引き離された。

そして、成績上位のぼくと競っていて、追い抜くとひどいことを言って、また僕をひとりにした。

こんな悔しさ、理不尽さ、封じ込めていた。

闇から奴の声が聞こえたなら、どんな仕打ちを受けたか思い出して、

自分をどう癒すか考えるべきだった。


ぼくは永遠のように続く関係を信じられない。

職場や趣味などで一緒に居続けることも、難しい。

離別を味わう前に自分が消えようとするようになってしまっていた。


ここから脱出しないと、これからの人生も、大事な関係も、

すぐに終わらせてしまいそうだ。


ここまで吐き出したら、腹のあたりの緊張がほぐれ、少し楽になった気がする。ぼくは人づきあいが下手なのでなく、邪魔者に引き離されていただけなのだ。

中学に上がったことで、ぼくは小学校からの友達すべての上に、新しい友達を上書きしてしまった。それができるほど、ぼくは社交的だったのだが、(一種のヒステリーのようにも思い出す)それを嫉妬してか邪魔されていたのである。大実験をやったものである。

小学校からの友達はいまだに親しくしてくれるやつがいる。ホームと感じさえする。兄弟精神だ。これぞ母校。

このぬくもりを大切に歩みたい。

やつはその時悪魔だったのだ。また親切そうな物腰に騙されないようにしたい。これは、妃観(ひろみ)さんという占い師の「律する」ことに関する以下のつぶやきを読んでいて気付いた。

最初に、母の苦労を思い浮かべた。

われわれは、奴の勝利の盃の肴に、犠牲にされたのかもしれない。中二病な考え方だが、そもそもの相手に実体がない。たまにはいいだろう。

自分と家族から、恢復していく。

決めた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!\(^o^)/コメントやフォローもぜひ!
6
あなたの苦笑は私の微笑。日常冒険家でギタリスト。日々、雑感や写真と詩?を投稿し、たまに役立つこと(医療福祉のマガジンあり。)を書くが必要な人に届くか?!https://profile.coconala.com/users/1523678 持病から医学部中退。

この記事が入っているマガジン

コメント7件

精神世界は聖域。
1人だけの素晴らしい場所
ひろみさん 自己犠牲から脱線していたのに、引用ありがとうございます!
リネットさん コメントありがとうございます。仏教でも煩悩を減らす行があるみたいだし、キリスト教も神の国というのは、死後いきたい場所という意見も根強いですが、生きている今に感じるものとしても描かれています。
ひとりひとりの聖域、いいと思います。
いえいえ、ステキな記事だと思いました(*^-^*)
こちらこそありがとうございます✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。