見出し画像

乱読感想文「アレクサンダー・テクニークの学び方~体の地図作り」バーバラ・コナブル、ウィリアム・コナブル

アレクサンダー・テクニークとは、演劇や演奏者の姿勢に1900年代に取り入れられた、自然に動くテクニック、のようなものだそうです。

心身が解放されて、より豊かに過ごせるというようなもので、

人体の本来的な動きを突き詰めたテクニックって感じです。

絵がいっぱいある本もあるのですが、演奏中のバイオリニストやバレエダンサーのような、ちょっと不自然な姿勢が載っているので、コナブルさんの教科書的な本書を好んで読んでいます。

そして、内容。

首の緊張が全身の緊張を作り出す。ちょっと上を向くような姿勢がいいそうです。首の筋肉は、頚椎の前後、気管、食道の奥にもあって、そこら辺を意識的に緩めるといい感じ(私見)

そして動くときは頭から行くのがいいそうです。剣道四段の父がこういう動きをしてて、なるほどって感じです。

この本はこんな風にコツを小出しにして学んでいき、根拠も示される感じで、教科書にもなっているそう。

ヨガなどの次に来るのはこれ!ってツイッターで読んで借りてみましたが、なかなか面白い。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

1000円以上サポートいただきましたら、LINE通話でおしゃべりします!サポートに添えるメッセージにLINE IDをお載せください。500円ごとに30分程度しゃべります。 ぼくが登録したら、チャットでご相談ください。 それ以外のサポートも要望など添えていただいてもいいです。

好きなことをしてみません!?
7
社会福祉主事任用資格あり。日々ギャラリーで手伝い、雑感、写真、読書の感想などを投稿。役立つこと(医療福祉のマガジンなど)を書く。福祉系大学卒業。医学部中退。マガジン「見返したい記事」が充実https://profile.coconala.com/users/1523678