見出し画像

『想う』ことでひとつになれる◎『瞑想』とは人間だけが出来ること。

瞑想を出来るのは、人間だけ。

この記事は、『人と月と太陽と地球』というマガジンの中で書いているものですが、そのテーマは、「人と太陽系はひとつにつながれる相性なんだよ」、です。

え? ひとつになるって・・・???

って、疑問を思うのは当然でございます。

ひとつって、どうやって・・・?

ナルの?って、思うはずです。

太陽系のところに行くの?

というか、こちらに来てくれるの?

あはは、(^_^)。。。

太陽◎

それは、『想う』ということで、ひとつになるということですよ。

想う=瞑想。

瞑想を出来るのは、人間の側だけ。


あんなに大きな太陽も地球も月も、瞑想なんかしない。

人間から太陽系に近づいてゆくとか、逆に、太陽系の回転運動を自分の身体の中に取り込むというのも、それは、瞑想をすることが出来るから、なれること。

そう言えば、神さまだって瞑想なんかしないだろう。人間の方から瞑想や祈りという形式を使って、こちらから近づかないとならないのだ。神さまの方で瞑想をしてくれれば、すべての人間の方へと降りてきてくれて、それはとっても楽だよね。

でも、想うって、なんだろ。

何か、対象を決めて、想う、想い続ける、想ったことからどんどん関連したものが浮かんで、来る、来る、来る・・・。

瞑想は、ひとつの何かにずっと心を維持してゆくことなのです。

人の脳の中からは、想ったことが脳波となって、それが波動となって、外界に、身体の内部に、広がる。月を想えば月の波動。太陽を想えば太陽の波動。地球を想えば地球の波動というように、想ったことが、形の無い波動というものに変換される。

月を想ったのに太陽の波動が出るようだと、ちょっとおかしいので、ちょっと調べてみてもらった方がいい。怒りや悲しみや不安を想い浮かべて愉快になる人も、異常だ。

太陽系を想えば(太陽系ってとっても大きくて広すぎるけど)、必ず想った対象の波動の方に近付いてゆくはずだからね。

自分の想いは太陽系。太陽系の方だって、もちろん太陽系。

想っているうちに、太陽系が月に変わったりすることは、無い。

だから、想う方と想われる方が、同じになる。同じ・・・。同じ・・・。

同じだから、ひとつになれるよ。

画像3

形や物体でひとつになって、同じになるのではなくてね。

周波数とか、振動数、波長、想念で、ひとつになるの。

とうぜん、それは、相手に伝わる。

こんなことを、ずーーーーっっっっっと、やや弱めの集中力で、持続していくと、

いつか、ふっと、つながりを感じられるようになる。

太陽系じゃなくても、空気でも、地面でも、大きな樹でも、一輪の花でも、大好きなぬいぐるみでも、なーんでも、そうなる。

想うことで、自分の中から「見えないもうひとりの分身」が外に出て、対象の中に入ってゆくんだよ。

人の身体は、見えるカラダと見えないカラダとの二重構造だから、想う=瞑想をすることで、「見えないカラダ/見えないもうひとりの分身」の方に、スイッチが入る。

実はこれが目的なんだ。

さんかく

想う=瞑想。

瞑想を出来るのは、自分の側だけ。

相手はやってくれない。

やってくれなくても、いいんだよ。

こちらの側だけで想うだけで、充分だけど、

仮に、お互いがお互いを想って瞑想したとしたら、

その威力は、最低4倍以上の共鳴力が起きるだろうね。

両想いのチカラ。

ヒーリングパートナー。

太陽系をずっと想い続ければ、太陽系がヒーリングパートナーだよ。

神さまを想えば、神さまがヒーリングパートナーだよ。

みかづき

こちらは電話回線のみでお受けになれるセッションです(コロナ対策としてではなくもともと電話回線でおこなっていました)。note経由でお申し込みされた方には特別にオーラ感覚テスト、想い浮かべる練習、 in the picture など、しらのゆきひとnoteに書いてある内容のチョイ体験をオマケしております。お申し込みの時に「note経由」とお伝えくださいませ。

地球


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとう~
9
気のリーディング相談&気のエネルギーヒーリングのお申し込みはこちらからどうぞ。ご相談は電話のみでお受けになれます。お申し込みページはこちらです◎ https://peraichi.com/landing_pages/view/shira-yuki しらのゆきひと