作図シート__1_

初対面の人と仲良くなるのが苦手なあなたに、全力で『ペア読書』をオススメしたい

どうも!ペア読書の生みの親の一人、そやです!


しょせまる@shosemaruくんとペア読書を生み出してから1年とすこしが過ぎました。


100回近くやってくるなかで、初対面の人とペア読書をするのがめちゃくちゃいいという事実に気づきました。

このヤバすぎる発見を伝えたくて、居ても立ってもいられないのでnoteにしたいと思います。


あなたは、初対面の人と話すときに、こんな感じになったことはありませんか?↓↓

あなた「何されてる方なんですか」

初対面「IT系ででマーケティングをやっています」

あなた「へえ...すごいですね...」

初対面「ええ、まあ...」

あなた「...」

初対面「...」

(そして訪れる沈黙)

こういうこと、ありますよね...。


とりあえず相手の素性を尋ねてみたものの、深まる質問がでてこなかったり、そもそもそれほど興味がなかったりして盛り上がらないのです。

初対面にありがちな、あの痛々しい白けた空気。なんて空虚なんでしょう...。逃げ出したくなるほど、とてもつらいです...。

この空回り感が苦手で「わたしは知らない人と喋るのは苦手なんだ。わたしは人見知りなんだ。」と思っているひとも多いのではと思います。

初対面で話を弾ませるのって、なかなか難しいですよね。


そんなあなたに朗報!

今日からあなたには『ペア読書』がある!


「新しいひとと知り合うときに、ペア読書を通じてコミュニケーションをすること」

このたった一つのシンプルなアイデアが、あなたの人生を本当に本当に、強力にサポートしてくれることになるでしょう。

嘘みたいですが、本当です!

てことで、その魅力をとくと伝えていきたいと思います!



っていうかペア読書ってなに?

ご存知のかたもいるかと思いますが、「ペア読書って何?」という方向けにカンタンに説明しておきます!

ペア読書というのは、

・二人で同じ本を読む

・30分で集中して、速読を駆使して読み切る

・読後にディスカッションを行う

という

詳しいやり方とかは、こちらのnoteで解説しています!このリンクはこのnoteの終わりにも貼っておくので、気になったら読んでみてください。


トークテーマに全く困らない

「雑談力!」みたいな本でよく言われてることとして、共通の話題をみつけろ!というのがありますよね。

共通の話題があると話に花が咲くし、共通点が見つかると心理学的にも安心すると言われています。

でも、でもですよ。僕は言いたいんですよ。そんなカンタンに言わんでくれ!と。いやそれがムズいねんて!そんなカンタンに共通の話題みつかったら苦労せんわ!!とね。

サクっとみつかればいいんですが、なかなかそうは行きません。

どっかにはあるんでしょうが、わらの中の針を見つけるようなもので、見つかるまでの手探りのコストって思った以上に大きいのかなと思います。


そこでペア読書の登場です!!

ペア読書会は、同じ本を二人で読むという会です。つまり、そもそも共通の話題が存在しています。

さっさとで読み始めちゃって、あとは読んだ本について話せば完全にオッケイ。近年稀に見るスーパーイージーゲームです。

ペア読書会というコンセプトの時点で話題の提供が約束されているんすよね。

名前書いただけで100点もらえるテストみたいなものです。まさに据え膳。成功かサクセスのどちらか好きな方を選んでくれ!


初対面なのにめちゃくちゃ深い話ができる

「おいくつなんですか?」

「おしごとは何をされているんですか?」

「お住まいはどのあたりですか?」

「休日は何をされているんですか?」

みたいな質問ってありがちですが、僕ははこれ、めちゃくちゃ浅いやりとりだと思っています。

最近何をしてるかとか、どこに住んでるだとか、そんなのもう、その人の末端も末端、枝葉の葉の話だと思うんですよね。

誤解を恐れずに言うと、情報としてはめっちゃどうでもいいことなんですよ...。僕はもっとそのひとの人となりや、人生の本質に近いことが知りたいんです。こういうコミュニケーションにすごく違和感があって、解決したいなと思っていました。

こういう浅い質問でやりたいことって、掘り下げられそうな話題を見つけて、その先で深い会話をするということなのかなと思います。

でも、深い話題まで自然にたどり着くのって難しくて、その難易度ゆえに、上滑りする表面的なコミュニケーションしかできずに解散してしまい、なんか微妙な時間だったなとお互いが思ってしまったりするのかなぁと。


そこで、ペア読書です。

ペア読書する本を選ぶことは、トークテーマを選択することとイコールです。

だから、深い話にならざるをえない本をチョイスするだけで良いんです。

幸福についてとか、人生の哲学についてとか、セクシャリティについてとか、コンプレックスについてとか、キャリアとか、人の心の弱いところの話、人生の根幹に関わるようなテーマを扱った本をペア読書するとよいです。


すると

「本当は今の仕事をこのままつづけていいのか悩んでいる。なやんでいるというか、やめたいと思っているのかもしれない。誰にも言ってなかったけど、業界として将来性もないし、行き詰まりを感じている。というか1つの仕事を何年もつづけるのってそもそも無理じゃないかと思う」

みたいな話が聞けたりします。初対面なのに!



「次はこの本をペア読書しましょう」で何回でも会える

次回への繋げやすさがすごいです。これはマジ。


ディスカッションの中で湧いた疑問を解消できる本や、あたらしく興味が出た領域の本を読むのもいいですね。

その場で一緒にAmazonでポチっちゃって、来週ぐらいに日程調整しちゃうというのを僕はよくやります。

ペア読書自体がめっちゃいいので、もっかいやりたい気持ちになりやすいということもあります!



あと、一回ペア読書したことある人は「最近話題のあの本気になってるんですけど、このど一緒にペア読書しませんか?」みたいなかんじで一生お誘いしやすくなります。

「なんかとくに目的ないんですけど、久々にお話したいです」みたいな誘いって、使いづらいですよね。とくにに男性から男性を誘う場合はワークしない気がします。

そんなときはペア読書!さらに仲も深まっていい事づくしでしょう!



おわりに

ということでした!

なんかこういうふうに書くと、僕がめっちゃ計算高い人みたいに映るかもしれないんですが、なんか適当に本読んでたら自然にこういうことが起こっていた!というのが実際です。笑


ペア読書は、人と良い関係を爆速で築けるようになるのですごい良いなとおもいます。(手前味噌ですが)


昨年2018年を思い返すと

「この人と出会えてよかった!この先の人生もいっしょにいたいな」

と思う人はだいたいペア読書を通して出会いました。


ぼくの個人的な考えですが、人生の幸福は周りにいるひととの人間関係でほぼ決まるとおもっています。

なので、人とよい関係を築くための方法にはとても価値があると思っています。

このnoteを読んだあなたが、ペア読書をつかってよい人間関係を築いて、ハッピーになれたらいいな!とおもいます!

初対面じゃなくても、もっと仲良くなりたい人とでも!ぜひペア読書やってみてください!



ペア読書についてもっと詳しくなりたい場合は、下のnoteを読むと嬉しくなれるかもです!

↓↓



てことでそやでした!

Twitterをやっているので、感想とかもらえると嬉しいでございます!全部読んでます!そしてだいたい返信してます!

↓↓↓

そやのTwitter @1000tea

↑↑↑

んじゃまたな!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ほめられた!嬉しい!よかったらツイッターでもほめて下さい!
21
そやさんと呼ばれています! 昔はゲーム系のYouTuber(MAX30万再生)だったり、会社でYouTube事業をやっていました。『ペア読書』という読書法を生み出した人でもあります。事業での学びとかをまとめています。普段はベンチャーでエンジニアとWEBマーケをしています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。