いつかの風景

今日の日を迎え

私は後悔しています

2014年7月のあの日

時の内閣は

少なくない人々の反対を圧しきり

自衛隊が戦地へ赴く事が出来るように道をつけました

あの時の私は

多くの他の人同様に

「反対と賛成、どちらがいいのだろう」

と思いあぐねていました

いるうちに

いるうちに

決まってしまいました

そして年月は流れ

流れ

流れ

今日という日がやってきました

今日

あなたは戦地へ赴任します

あなたが今から行く先では

厳しい状態が続き

命を落とすものいると聞きます

赴任期間はあらかじめ決まっていますが

必ず五体満足なまま

生きて帰れるとは

どこにも書いてありません

2014年のあの日のことを

私は今後悔しています

なぜもっと

自分想像力を働かせ

今日の日があることの可能性を

あの時考えなかったか

私の血を受け継ぐあなたが

戦地へ向かうことを思わなかったか

私は今とてつもない自責の念に刈られています

ごめんなさい

そして

無事に帰ってきて下さい

あなたの笑顔を

また見せて下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

main http://ameblo.jp/100000nen tweet https://twitter.com/twit100000nen sound https://m.soundcloud.com/user-506817674 Two thousand seventeen, 十万年の狂歌は新章に突入します。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。