見出し画像

たった数分で継続できる体質になるちょっとしたコツ

〜note、メルマガ、アフィリエイト記事、Facebook投稿などなど文章を書くことが続かない人に向けた内容です〜


スパルタな環境を整えなくても
文章を書く意識を変わる方法です。


今回はお金もかけることなく
実際に書き続けている人に共通する内容を
お伝えします。


ビジネスセミナー、情報商材で
「続けるためには強制力が必要だ」

と常々言われています。

強制力とは、自分の目標を達成するために
人を巻き込んでやらざるを得ない環境を作ることを言います。


僕も強制力の威力を体験したことがあります。


今はWEDライターとして生計を立てていますが、
駆け出しの時は文章を書き続けることができませんでした。


当時、参加していたビジネスセミナーで
強制力を体験しました。


それが
「ペナルティ付き3週間トライアル企画」
というものです。


毎日のノルマ達成すれば
Facebookグループに毎日投稿していきます。


投稿がなかったり
ノルマが達成できないと

・自分が一番やりたくないこと
・自分にとって痛みになること

をやらないといけないペナルティが発生します。


僕のノルマは毎日5000文字の
コンテンツ記事を書き続けることでした。


そして、僕のペナルティは
「ペナルティ付き3週間トライアル企画」に
参加しているメンバー全員に5000円支払うことでした。


当時は文字単価1円で文章を書いていたので
1日サボるとそれだけで5000円が消えていきます。


5000文字を書こうと思ったら
リサーチや文章の構成など考える必要があって
駆け出しの頃は1記事書くのに5〜6時間かかっていました。


なので、1日ノルマをクリアできないことで
1日の労力を無駄にする恐怖心から
毎日必死の想いで文章を書き続けていました。


そうして無事にノーペナルティで
地獄の3週間を終えることができました。


ただ苦労した分
文章を書くことを習慣化できて、

文章を書かないと
違和感を感じるようになっていました。


この体験は今でも活きています。
ただ、体育会系に向く方法であって
ペナルティ付きでもサボる人はサボります。


本題に入ると、

投稿が続かない
文章を書き続けられない

人たちの特徴として、
読者さんをイメージできていません。


ずっとパソコンやスマホの画面と
睨めっこしながら書こうとしています。


だから、書く気が起きずに
続かなくなるんです。


人の生の声を聞くことで
その人のために書くモチベーションが出てきます。


具体的な方法としては
あなたが使っている媒体に
属している人と会話すること。


つまり、「コメント」をします。


パソコンやスマホの画面の先にいる人を
意識するための1歩目になります。


コメントをして、
返信コメントから相手の言葉を聞いて
相手の存在を体感することで


始めて画面の向こう側にいる人を
認識できるようになります。


人がいることをしっかりと認識すれば
その人のために記事を書いていこうと思うし
記事のクオリティも上げようと勝手に努力するようになります。


良くも悪くも人は感情で動く生き物です。
返信コメントをもらった時に感情を思い出してください。


これが強制力とはまた違う続けるコツです。


ステップ1:自分が投稿している媒体で興味のある人のコラムにコメントしてみる
ステップ2:コメントし合った画面の奥にいる人の「生の声」を聞く
ステップ3:記事を書く時にコメントし合った人を思い出す
ステップ4:その人が喜んでくれそうな記事になるように頑張って書いていく


ステップ4:については反応率を上げる、開封率を上げやすくするなど
テクニックの話ではなくて、「誠意を込めて書く」という意味です。


気持ちが入っている記事は読み手にも伝わって
お互い得るものが大きいです。


ぜひやってみてください。
たった数分であなたが続けられる体質に変わる体験ができるはずです。


それでは最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

共感いただけて、嬉しいです!
7
Wedライターをしています。副業・マインドセットの発信していきます。 毎月コンテンツ・セールスコピー・電子書籍ライティングで収入を得ています。 ココナラやってます。https://profile.coconala.com/users/1430127

コメント4件

大変参考になりました。
教えていただいたコツを念頭に置きながら、充実したコンテンツにできるように
頑張ります!

@ワラジン(転職したい人を繋ぐ紹介型副業)さん
コメント頂きありがとうございます!
お役に立てて良かったです。
今後とも宜しくお願いします!
自らが他者の記事にコメントをすることに力を入れていませんでした。

大変示唆に富む記事、ありがとうございます。
@成島ノスタルジアさん

書き手にとって嬉しいコメントを頂きありがとうございます!

僕もいつも成島ノスタルジアさんの記事に学ばせていただいています。

お互い読者さんのためになる
投稿を続けていきましょう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。