見出し画像

読者さんの人生を決める〇〇のスケール

人がモノの見方や
価値観が変わるキッカケは、

・年を重ねる
・学びを深める
・環境に順応する

コトと言われています。

多様性が蔓延している
世の中であえて読者さんに質問します。

「ウンチって何か
 ホンマに知ってますか?」

・クサイ
・汚い
・見たくない

そんなイメージが
付きまとっているウンチ。

人間の病気の8割は
腸からきている言われています。

その腸の状態を知らせてくれる
ウンチは自分の”健康状態”を
ハッキリと示してくれます。

なので、ウンチの状態から
読者さんがどんな病気になりやすいのか
理解して、今後の対策を打つことができます。

人生100年時代の流れが強い中
健康的な人生を謳歌するためにも
知っておきたい、

ウンチの正体について
迫っていきたいと思います。

=========
ウンチが外界に巣立つまで
=========

食べ物を口にすると
胃→小腸→大腸と進み、
消化と吸収が行われます。

飲み物と各種消化液を合わせると、
小腸に流れ込む液体は1日約9リットル。

小腸では、そのうち7リットルが
栄養素とともに体内に再吸収される。

大腸に流入するのは残る2lです。

この2リットルに含まれるのは、
消化も吸収されなかった食べカスです。

難消化性の
食物繊維が主成分で

・大腸には内側に輪状筋、
・外側には縦走筋という

2タイプの筋肉があります。

その伸縮によって
尺取り無理のような
蠕動運動が行われます。

この蠕動運動で
水分と電解質の吸収が進んで
徐々に固定化されていきます。

そして、
ハンバーグを捏ねるように
ウンチの形に仕上がっていきます。

=======
理想はバナナ型
=======

「バナナの形をして出てくる
 ウンチは健康的な証拠」

というのはよく聞く話です。

消化管を通ってきたウンチは
腸内環境で”いろんな種類”のウンチに
変わっていきます。

ウンチは”7つの顔”を持っている
って知っていましたか?

それが、
「ブリストルスケール」です。

これは、1997年にイギリスの
ブリストル大学にいた教授が提唱したもので

ウンコを”形状”と”硬さ”で
分類した指標になります。

便秘や下痢の診断項目の一つとして
世界的に広く用いられています。

===========
腸内環境を教える7つの顔
===========

スケール1:コロコロ便
短くてうさぎのウンコみたいに
コロコロした状態

スケール2:硬い便
ソーセージ状で硬い便の状態

スケール3:やや硬い便
表面にヒビ割れのある
ソーセージ状の便

スケール4:普通便
表面が滑らかで柔らかい
ソーセージ状もしくは
蛇のようなとぐろを巻く便

スケール5:やや柔らかい便
ハッキリとしたしわのある
柔かい半分固定の便

スケール6:泥状便
境界がほぐれて
フニャフニャの不定形の
小片便、泥状の便

スケール7:水様便
水様で、固定物を含まない
液体状の便

ーーーここまでーーー

数字が若く、
硬くなるにつれて
消化管の通過時間が遅く、
(約100時間)

数字が大きく
液体状になるにつれて
消化管の通過時間が早い
(約10時間)

という意味です。

スケール1〜2は便秘気味の時に
出てくる硬い便。

スケール6〜7は柔らかすぎて
下痢の時に出てくる便です。

正常なウンコは硬すぎず
柔らかすぎない3〜5の便になります。

この中でも理想なのが
スケール4の”普通便”です。

これはバナナの形や
ソーセージの形で

水分がおよそ80%
固定物の残りが20%を
占めています。

力まずスルッと出てくるのが
ベストな状態です。

このスルッとな状態が
排便のすべてのプロセスに何らかの
問題がなく腸内環境も良好な証拠となっています。

そういうことなので、
スケール4のウンチを
一緒に目指していきましょう。

これらのように
ウンチのことを学んでいくと

・年齢性別でウンチはどう変化する?
・便秘だと大腸ガンになりやすい?
・プロテインはウンチにならない?
・ダイエットでウンチがどう変わるのか?
・アルコールは便にどんな影響を与えるのか?
・水をたくさん飲んだ方がいいのか?

など

もっと話したい
内容はたくさんあります。

ただ、上品なnoteユーザーさんが
多いことから今日はこれで
終わりにしたいと思います。

今日のコラムの反応を見て
「続・」をお届けするか検討させてください。

それでは、読んで頂き
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

共感いただけて、嬉しいです!
25
WEBライター/65日で10万PVを達成したnoteから応援される文章術を更新中。文章で収入を得るライターが”書き手側のリアルな世界”をお届けします。これまでにLP、SEO対策記事、電子書籍、FAXDM、会員制メルマガを執筆。毎週2回も映画館に通っているのはここだけの秘密。
コメント (2)
確かに便で健康状態がわかりますもんね?
摂取したものは自然に帰すのが当然としても
たっぷり栄養分を絞りきって帰したいものです。^^
やらぽん@のほほん(護身術研究家)さん
軽視しがちなものが健康状態を教えてくれる大切な材料になっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。