お米×新体操

こんにちは!

食べることで、私は美しく舞う』をコンセプトに

新体操を頑張っている選手の皆さんへ食生活・カラダの健康のための情報を中心にお伝えしています。

前回noteに書きました、

脳のエネルギーは何から取るのがいいでしょうか。

考えていただけましたでしょうか。


私はこれを聞いて、食べてもいいんだ!と安心感があり、

なんだか嬉しくなり、皆さんにもお伝えしたくて書かせていただきました。


それは

お米!

なんです!

え?お米?

と思いますよね?

そうです!毎日目にしているあのお米。


私たちは、太陽の恵みを含んだお米からエネルギーをもらっていたんです!


実は、私

お米って太るから控えるべき!、食べてはいけないもの。

だって体重が増える!太る!嫌だし!と思っていました。

試合や普段の体重測定があるから絶対太ってはいけない!と食事をどうやって避けられるのかということを考えてきていました。

現役から、そして引退してからもずっとそう思っていました。

でも、お米は敵ではなく、その逆!

味方

でした。

だから皆さん、食べて大丈夫です。食べていいんですよ。


その理由は

太る定義がそもそも間違っていたという事。

・太る=お米=体重の増加ではない

太る定義=体脂肪が増えるという事。

体重の数値ではないということ


簡単にイメージでお伝えすると、

皆さん、お米を炊くとき、お水を入れて炊きますよね。

つまり、水分が含まれていますよね。

ということは、お米が炊き上がったとき、

お米の中には水分が含まれているということ。


ということは、お米を食べれば、

水分が体の中に入ればその分だけ増える。


ということは、体重は増えるが、「太った」とはならない。

水分が増えただけで、「太った」には繋がらない。

「増えた」と「太った」はイコールにはならない


すごい勘違いをしていたなと。


あの時の私に食べていいんだよ!と伝えたい。

母親の食事に対して食べていなかったことを

申し訳なかったと感じています。


あなたは体重を大切にしたいのですか?

一度振り返るきっかけになれればと思っています。


私が皆さんにお伝えしたいことは、

・体重の数字による、「太った」、「減った」に一喜一憂されず、振り回されないこと
・お米を食べたことで、エネルギー源が体の中に入り、心が満たされ、怪我も防げる!練習に打ち込める!
・目標に向かって全力で取り組める!
・水分が体の中にあるということは乾燥にならず、むしろ、お肌も潤ってくる!

お肌が潤って入れば、それだけで気分が上がりますよね。

試合や発表会でのヘアメイクも楽しめ、演技の表現力もいつもより力入りますよね。

私はかなりウキウキしました*


お米を食べることは、良いこと尽くし💖
お米は幸せを運ぶプレゼント💖

一度、少しずつ、少しずつでもいいので、お米を食べてください。


*noteを読んでくださり、ありがとうございます。

今すぐに、食生活を変えるのは難しいと思います。

わかります。

私も正直、なかなか理解するのに時間がかかりました。

でも、そんな自分でもOK!ですよ。

じゃ次は試してみよう!というそんな気持ちの変化を大切にしながら

一緒にはじめてみませんか?


本日も読んでくださり、ありがとうございました。

何かありましたらご連絡ください*


スポーツに取り組まれている方やアスリートの皆さん、教育関係の皆さん

そして新体操が大好きなみなさんの力に少しでもなりますように。。☆


ありがとうございます❤️新体操が大好きな皆に届きますように♫
4
4歳から高校3年生までの14年間新体操経験 ■幼児体育指導者2級 ■中高保健体育免許 ■親子体操指導 ♦︎幼児から中学生の新体操元指導者♦︎大学生300名以上が創り上げる学生プロデュースのお祭り元職員(学生の悩み相談/解決/学生のパワーすごい)♦︎スポーツ関係にて勤務
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。