見出し画像

セクシュアリティあれこれ

約一ヶ月ぶりの更新になります。

自己紹介も済んで「次は何を書こうか」と考えていたのですが、テーマは決まるものの上手くまとまらず。
あまり悩むことなく書けるテーマといえば「セクシュアリティ」かなと思い、筆をとりました。

前回の自己紹介記事の補足になるのでしょうか。
長くなってしまうと思いますが、どうぞお付き合いください。


はじめに

前回からの抜粋にはなりますが、
現在の私のセクシュアリティは以下の通りです。

身体的性:女性
 性自認:ノンバイナリー
 表現性:ノンバイナリー
恋愛指向:バイロマンティック
性的指向:アセクシュアル

これは個人的な考えですが。
分かりやすいように「ノンバイナリー」「バイロマンティック」などカテゴライズはしていますが、「同じカテゴリ内にいる人の全員が同じ価値観を持っているか」と問われると一概にそうとは言えないです。
よく耳にする「性はグラデーション」とも繋がる考え方ですね。

身体的性と性自認が一致している方でも人によって「なりたい自分」が異なるように。異性愛者の方でも人によって「好みのタイプ」や「恋愛観」が異なるように。
「みんなそれぞれ違うよね」と単純な話なのですが、どうもセクシャルマイノリティの話になると抜けがちになってしまうのかなと思います。

ちょっと脱線しました。話を戻します。


「性」について

ここからは「性(自分自身のこと)」「恋愛と性愛(他人と自分のこと)」に分けて話したいと思います。

まずは性について。
身体的性は女性、性自認と表現性はノンバイナリーです。

中学生のころ、中性的な外見に憧れを抱いて「自分もそうなりたい」と考えたのが芽生えです。
自分のことをノンバイナリーと自覚、及び表現するようになったのはもう少し後になります。この話はまた改めて。

メイクは日常的にしますが、あくまで自分の憧れる「中性的な外見」に近づくための手段のひとつです。
「男装メイク」や「中性メイク」で検索していただけたらイメージしやすいかもしれません。

外出する際はナベシャツを着用するなど、なるべく見た目の女性性は消すように意識しています。
体脂肪率を落としたり筋肉量を増やしたりするなど、少しずつではありますが体型も変えたいと思っています。


「恋愛と性愛」について

つぎに「恋愛と性愛」について。
恋愛指向はバイロマンティック、性的指向はアセクシュアルです。

まず「恋愛指向:~ロマンティック」「性的指向:~セクシュアル」について軽く説明します。

恋愛指向は「どんな人に恋愛感情を抱くか」、性的指向は「どんな人に性的関心が向くか」とされています。イメージしにくい方もいるかと思いますが、恋愛感情と性愛は別物という考え方です。
この辺りを詳しく解説するとなると記事がひとつ書けてしまうので割愛します。興味がある方は調べてみると面白いかもしれません。

私は自分のことを「バイロマンティック」「アセクシュアル」と表していますが、上記の説明を踏まえて改めて解説すると、
「バイ-ロマンティック」 男性と女性の両性へ恋愛感情を抱く恋愛指向
「ア-セクシュアル」 他人へ性的関心が向かない性的指向

となります。

【補足】
日本では「恋愛感情はあるが性的関心を持たない人=ノンセクシュアル」「恋愛感情も性的関心も持たない人=アセクシュアル」と定義するのが一般的なようで、それに基づいて考えると私は「ノンセクシュアル」に当てはまります。しかし、ロマンティック/セクシュアルと分けて考える方が個人的に理解しやすいので「アセクシャル」と言っています。
とはいえ誤解が生まれるのは避けたいので、自分のことを「ノンセクシュアル」「アセクシュアル」のどちらと表すかは場合によって使い分けたいと考えています。



さいごに

デリケートな問題なので何度も推敲するなど表現に気を付けて書きましたが、間違っている部分などありましたらご指摘ください。

個人的に、性に関しては「性別がどうであれ自分は自分」と自由奔放に過ごしているので、現段階ではそこまで問題ではないです。

ただ恋愛指向・性的指向に関しては難しく、バイロマンティックだろうとアセクシュアルだろうと何だろうと、他人と関わらないことにはヒントも答えも見えないため、前に進めていない現状です。
過去の経験から「バイロマンティック・アセクシュアル」と言ってはいますが、幼少期から数えてもそう恋愛経験が多い訳でもないため、判断材料が少ないのが正直なところです。

もしかしたらアロマンティックかもしれないし、バイセクシュアルかもしれない。または他の何か。
そもそも他人と親密な関係になることへの拒絶があるかも…それも思い込みで付き合ってみたら意外といけるかもしれない…。
そんな堂々巡りな状態です。こんな記事を書いておいて曖昧で申し訳ないのですが。

過去の恋愛を振り返りながら、現在の自分を見つめ直して、もしかすると近い未来に何らかの動きがあって、自分なりの答えが見つかるといいなと思います。



また自己紹介記事みたいになってしまいました。
次こそは脱却します。好きなものの話でもしたいですね。


長くなりましたが、ありがとうございました。

願わくは同じ悩みを持つ方へ、ひとつの指針となれば。


Twitterはこちら @04amayadori



スキありがとうございます!
12
都内でまわる社会の歯車。好きなことを好きなだけ。趣味であるゲームや国内旅行、あるいは自分自身のことについての備忘録だったり。https://twitter.com/04amayadori
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。