見出し画像

”THE TOKYO TOILET”神宮前公衆トイレ 供用開始!! 手掛けたクリエイターは世界的に有名なあの人!?

昨年から日本財団・渋谷区と共に進めているプロジェクト”THE TOKYO TOILET”の渋谷区内8個目のトイレ”神宮前公衆トイレ”が本日5月31日から供用開始となりました!

今回 神宮前公衆トイレを手がけた有名クリエイターは”NIGO®︎”さんです!

NIGO®さんといえば、
日本を代表するファッションデザイナー、ファッションディレクター、音楽プロデューサーなど、多彩に活躍されていらっしゃいます。
1990年代の裏原宿系ファッションブームの火付け役でもあり、DJなどの音楽活動。
現在も、海外をはじめ日本の若者にも大人気ブランド「HUMAN MADE」のデザインを手掛けるほか、ユニクロのTシャツブランド「UT」のクリエイティブディレクターや、カレーショップ「CURRY UP」、ヒップホップグループ「TERIYAKI BOYZ」のプロデュースなど幅広い分野で活動を展開していらっしゃる時代を超えた天才とも言える方です。
※Wikipediaから参照

画像1

そんなNIGO®︎さんが手掛けた神宮前公衆トイレは、シンプルの中に少し原宿らしさもあるような、温かみの感じられるデザイン。

公衆トイレのマイナスイメージ「暗い・怖い」を払拭してくれるデザインです。

画像2

更に、THE TOKYO TOILETでは、「公共トイレは長く使い続けていただくもの。それぞれに印象的なトイレを設置しますが、デザイン性に優れているだけではなく、気持ちよく利用していただけるよう、清掃をはじめとしたメンテナンスも重要」と考え、トイレの維持管理のプロフェッショナルである「トイレ診断士」による診断を受けながら、どうすれば快適なトイレが維持できるのか、検討を繰り返しながらメンテナンスを向上しています。

そんなトイレ清掃時に着用しているユニフォームもNIGO®︎さんにデザインしていただきました。

画像3

THE TOKYO TOILETで取り組む区内全17箇所中8箇所が供用となりました!世界からも注目されるこのプロジェクト。あと9箇所のトイレの完成も楽しみです!

■THE TOKYO TOILETとは?
日本財団が実施する、誰もが快適に使用できる公共トイレを設置するプロジェクト。
トイレは日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴。渋谷区の17カ所で、順次公共トイレが生まれ変わっていきます。それぞれのトイレには、世界で活躍する16人のクリエイターに参画いただきました。それぞれに個性豊かなトイレをぜひご覧ください。
https://tokyotoilet.jp/
日本財団リリース:https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200805-46948.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
渋谷区観光協会の日々の取組みや街の魅力を発信、対談記事など様々なコンテンツを行って参ります。