見出し画像

気づいたらオレはなんとなく夏だった

数年に渡って文書の捌け口にしていたFacebookをふと気づけば一年くらい更新していなかった。

Facebookの何が悪いわけではない。

私の仕事が忙しく文書を書く暇がなくなり、なんとなく距離が開いてしまい、なんとなく更新をやめた、という程度の理由だ。

Facebookはえらい。

この一年、それでも通知を辞めない。
「この人あなたの友だちじゃない?」
「友だちが久しぶりに更新したよ!」
「今日はあの子の誕生日だよ!」

毎日なんらかの連絡をくれる。


一方で、、、

ストレスの捌け口にしていたガールズバーにふと気づけば3ヶ月くらい行っていない。

それまでは一週間に一度は顔を出していた。

女の子が悪いわけではない。

私の仕事が忙しくガールズバーに行く気力がなくなり、なんとなく足が遠のき、なんとなく行くのをやめた、という程度の理由だ。

ガールズバーのガールは冷たい。

最初の1ヶ月はLINEが頻繁に入った。
「今週は月、水、金でいるよ!」
「髪切ったから見に来てほしいなー」
「次いつ来てくれるー?」

最初は返事をしていたが、めんどくさくなって返事をしなくなった。

すると2ヶ月目からLINEが来なくなった。

それはそうだ。
Facebookは無料コンテンツだけど、
ガールズバーは有料コンテンツだ。

課金しなければサービスは終わるのだ!
課金しなければあのガールはいないのだ!

実際にあんなガールはいなかったのだ!
透明だ!透明だったのだ!

そんなあの子は透明少女!

それでは聞いてください!
NUMBER GIRL「透明少女

#ガールズバー
#課金
#Facebook
#無課金
#NUMBERGIRL
#ナンバーガール
#透明少女

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

都内の大手企業子会社の係長 35歳 メガネ

都内の大手企業の子会社勤務 営業
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。