スクリーンショット_2020-02-21_9

Cococolor earth(ココカラアース)で一緒に活動しませんか?

1.ココカラアースとは

画像1

画像2

国際協力、貧困・人権、難民支援、教育・子ども、子育て、環境・農業、フードロス、ゴミ問題、地方創生・まちづくり、ジェンダー、エシカル、異文化多様性、社会的投資、機会格差、ect..

このような分野の海外ボランティア、NPO/NGOインターン、学生団体などの活動を通して、

『社会に良いことをシゴトにしたい!』
『今の活動と繋がることを仕事にしたい』
『ボランティアで終わらせたくない』

けど、どんなキャリアがあるのか分からない。
どんな知識や経験が必要か分からない。
お金を稼げる姿がみえない。

そんな人たちための、メディアサービスです。

僕が大学2,3年生だったら、『絶対にあって欲しい』と思えるメディアにしたいと思っているので、どうか最後まで見ていただけると嬉しいです。

2.なぜココカラアースを始めたのか

画像3

こういった分野やキーワードに関連する業界を
ココカラアースでは、まとめてソーシャル業界と呼んでいます。

ソーシャル業界で仕事をしようと思ったとき、
キャリア選択において、いくつかの課題があると思っています。

ソーシャル業界の課題を解決するために、
ココカラアースは立ち上がりました。

画像4

たくさんの課題がある中、
ココカラアースは一つの問題に焦点を当てました。  

私たちが考える大きな問題が
ロールモデルを見つけられないことです。

画像5

ロールモデルとは、簡単に言えば、「お手本になる人物」のことです。

「将来こうありたい」と目標にする人。
具体的な行動やスキルを学んだり、マネする対象となる人のことを指します。

何か大きな決断をするときは、必ずロールモデルとなる先輩の存在が大きいと思っています。
「あんな人になりたい」「あの先輩に憧れて」「この業界にいったら、こういう生活になる」

自分の将来を決める仕事選びにおいて、
ロールモデルを見つけられない
というのはとても不安なことです。

画像6

この課題を解決するため、ココカラアースは『社会貢献を仕事に』というコンセプトのもと、ソーシャルセクターに携わる様々な方にインタビューを行い、記事や動画を通しロールモデルの提示を行っています。

3.これまでの活動

活動を初めてもう1年ほど経ちますが、これまでソーシャルセクターに関わる様々な社会活動家の方、30人ほどにインタビューを行なってきました。

画像7

起業家/フリーランス、国際機関、社会的企業、NPO/NGOなど、今は国際協力分野の方に絞っていますが、これから他の分野にも広げていきます。

ココカラアースでインタビューさせていただいた方々

●起業家/フリーランス
フリーランス国際協力師 原寛太さん
フリーランス アフリカジャーナリスト 大津司郎さん
Africa Note Ltd.(アフリカノオト)代表 竹田憲弘さん
株式会社 DIVE INTO CODE代表取締役 野呂浩良さん
株式会社コネクト&フロウ 代表取締役 野中柊平さん
ALL ABOUT AFRICA 代表 稲川雅也さん
Hush Tug 代表 戸田貴久さん
Grubin(グラビン)代表 川本亮さん
Rockwell Japan代表 祇園涼介さん
●国際機関
UNESCO 斎藤珠里さん
農林水産省 西村はじめさん
●社会的企業
コモンズ投信株式会社 馬越裕子さん
SOLTILO株式会社(本田圭佑の会社) 二村元基さん
株式会社 笑美面 辻中俊平さん
元青年海外協力隊、現開発コンサルタント 小林義則さん
協力隊 SAKE BAR Tommy’S  鴇田知弘さん
●NPO/NGO
NPO法人HERO代表 橋本博司さん
NPO法人 アラジ 代表 下里夢美さん
NPO法人 The Peace Front代表 新谷佑也さん
NGO JANIC 松尾沢子さん
NPO法人 コンフロントワールド 代表 荒井昭則さん

などなど2/20現在30名以上の社会活動家にインタビューを実施しています。

4.ココカラアースへの関わり方-コンセプト編

画像8

①『社会貢献を仕事にするサイクルの創出』

ココカラアースのメンバーにも、インタビュー活動を通して読者よりも効率よくロールモデルを見つけて貰いたいと思っています。

ロールモデルを見つけた後は、ココカラアースで身につけたスキルを活かして活躍します。

その後、新たなメンバーからのインタビューを受け、自らがロールモデルとなる。このようなサイクルを作ることが目標です。

画像9

②4つのセクターに分けてインタビューする

より広範囲のロールモデルを世の中に提示するため、大きく4つのセクターに分けてインタビュー活動をおこなっていきます。

メンバー自らロールモデルとなりそうな方々にアポイントを取って貰うため、あなたの知りたいロールモデルを、多くの人に知って貰うことができます。

5.ココカラアースへの関わり方-メリット編

画像10

ココカラアースで活動するにあたり、大きなメリットが3つあります。

画像11

インタビュアーとして活動することで、自分のロールモデルとなりそうな人にアポイントを取れるため、あなた自身のロールモデルを見つけることが可能です。

また記事に書かれたいる内容はインタビューの半分にも満たないです。
直接話すからこそ知ることのできる、講演会では聞けないような貴重なお話を聞くこともできます。

画像12

インタビュー後には、基本的に記事を作成してもらいます。
3000-4000字のインタビュー記事となるため、相当なライティングスキルを身につけることができます。

また、ココカラアースでは隔週で、メンバー限定のライティング勉強会を開いています。
現状ライティングスキルがない人も、インプットと実践のサイクルを通して、ライティングスキルを素早く身につけることができます。

画像13

人脈は間違いなく広がります。
ご自身でインタビューをした人はもちろん、私たちが過去に行ったインタビュイーとも繋がれる可能性があります。

画像14

その他にも、インタビュー力がつくこと、同じ興味分野の仲間ができること、基本的なビジネスマナー、社会人基礎力がつくなど、様々なメリットがあります。

6.活動内容

●現在の活動
ロールモデルインタビュー:月4回 立候補制度
(アポが取れ次第LINEグループで同行を募ります。)
※メンバー増え次第アポ数は増やします。

ミーティング:隔週土曜日 10:00-12:00
ミーティング内容:インタビュー依頼、記事のフィードバック、ライティング講座、SNS講座 などなど

7.仲間募集-ライター/エンジニア/動画編集者/カメラマン

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!

ココカラアースのライターとして、インタビューに行ってみたい方、とりあえず話を聞いてみたい方、ご連絡お待ちしております!

また、エンジニアや動画編集、カメラマンとしても関わることができるので、こちらに関心のある方も是非ご連絡ください。

ご連絡は、こちらのフォームかTwitterのDMにてお願い致します。

メンバー募集フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeipLwMfovQMjQVqvDJVs0aop2mj7nUaagQw3Jxi0oTwK3sLg/viewform

Twitter
https://twitter.com/t_cococolor

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17
NGO Social Impact副代表理事 / 社会をよくしたいと思う人ほど得をする社会へ🌎 /『社会貢献を仕事に!』がコンセプトのメディア運営中「https://cococolor-earth.com/」/ 🇯🇵🇩🇰🇳🇱/#社会貢献/#ソーシャルビジネス
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。